背中にきびにラーメンは大敵!気を付けたい食べ方をまとめてみた

日本の国民食であるラーメン🍜💛

大好きな人は多いですよね‼でも、味は美味しくても健康へのメリットはあまりない食べ物💦

 

むしろ、デメリットの方が多いので食べ方には気を付けたいものです(^^;)

繰り返し背中にきびが出来る…という人は、原因の一つに脂っこいものの取り過ぎも考えられます。

 

ラーメンをよく食べる人で、背中にきびが繰り返し出来てなかなか治らない…

という場合は、もしかするとラーメンが原因の一つかもしれません‼

 

そこで今回は、

・ラーメンが背中にきびに悪い理由

・食べる時に気を付けたいこと

などについてご紹介したいと思います(´ω`)

背中にきびにラーメンが悪影響な理由

 

どのラーメンにも共通して言えることが、

・塩分が多い

・カロリーが高い

・脂っこい

・消化に良くない

・栄養バランスが偏っている

ということ💡

 

塩分が多い

塩分が多いと、そこに水が溜まるのでむくみやすくなるので塩分の取り過ぎは顔や足のむくみにつながります。

肌には関係ない感じがするかもしれませんが、塩分のナトリウムが多くなると体内の水分がナトリウムに集まります。

 

細胞からも水分が奪われることで、乾燥を引き起こすのです。

細胞自体の水分が不足しているので、当然肌表面も乾いてしまい…背中にきびの要因にもなるんですね。

 

カロリーが高い

カロリーが高いものを沢山食べれば体重は増えて太ります。

太ると、代謝が悪くなることから肌の再生に時間がかかったり上手く再生できないこともあり肌トラブルに。

 

脂っこい

油分の多いものを取ると、皮脂分泌が過剰になりそれが原因でにきびが出来ることがあります。

ラーメンを食べる一番のデメリットです。

 

消化に良くない

基本的に加工食品は消化に悪く、上手く消化できなくなると老廃物が体の中に溜まりやすくなります。

また、新しい栄養を取り込むことも出来なくなるので肌に必要な栄養もうまく取れなくなってしまいます。

 

栄養バランスが偏っている

カップラーメンなどであれば、ビタミンB1やカルシウムが取れるものも多く栄養が全然取れないというわけではありません。

ただ、取れる栄養は限定的です。

 

バランスよく色々な栄養を取ることが美肌作りには欠かせないので、ラーメンばかり食べてしまうとどうしても栄養が偏ってしまいます。

その結果、ニキビが出来やすくなるのです。

 

たまに食べるのであれば良いのですが、週に何度も食べる、ほとんど毎日お昼はラーメン食べる…となるとやっぱり体には良くありません。

週1回を目安に、食べ過ぎないようにしたいですね‼

 

体に優しいラーメンの選び方

 

これはカップラーメン、インスタントラーメンの話になりますが麺の種類として油で揚げた麺ノンフライ麺があります💡

油で揚げて乾燥させているので、スルスルと食べられる麺ですがカロリーは高め。

 

ノンフライ麺は、油で揚げずに乾燥させた麺なので食感があって低カロリー。

好みはありますが、体への優しさを考えるとやはりノンフライ麺のほうが低カロリーでヘルシー(*´ω`*)

 

お店で食べるラーメンは選べませんが、カップラーメンやインスタントラーメンなら選べるのでお肌の為にも麺を選んでみてくださいね。

 

おすすめの食べ方について

 

最後になりますが、おすすめのラーメンの食べ方についてもご紹介(‘ω’)ノ

「サラダなどの野菜」も一緒に食べること、「スープ」は飲み干さないこと💡

 

栄養が全くないわけではないですが、熱々のラーメンはビタミンが壊れやすいのでラーメンだけでなく野菜も一緒に取りたいところ。

出来れば、野菜を食べてからラーメンを食べると急に血糖値が上がることもなく体に負担のない食べ方が出来ますよ✨

 

あとは、スープは最後まで飲み干さないことですね‼

麺とスープはセットだと思いますが、全部飲んでしまうのはよくありません。

 

塩分も取り過ぎて高カロリーになるので、出来るだけ二口三口くらいまでにしておいてあとは残すことも必要。

小さなことかもしれませんが、ちょっと意識するだけでも体への負担は少なくすることが出来ますよ(^^)/

 

きっぱりラーメンを絶つ!となるとストレスになると思うので…出来る範囲内で少しずつ改善できるところを改善していきましょう🎵

少しでも参考になればと思います(´ω`)

 

背中にきび改善に役立つ食事の仕方はこちら👉背中にきびは内側から改善!体に良い食材と食事の取り方まとめ