かゆいカサカサ背中にきびに!ケラチナミンコーワ乳状液の特徴・口コミ

なんだか背中が痒いな~と思って、ついカリカリ…ボリボリ…”(-“”-)”

気付いたらひっかき傷が無数に出来ていることってないですか?💦

 

それが冬の乾燥しやすい時期なら特に…という人も多いと思います。

背中は皮膚が厚い部分ですし、普段あまり露出されない部分なので粉を吹いたり小じわが出来たり…と目に見えて乾燥するということがありません。

 

でも、下着や衣類の摩擦による刺激を受けたり入浴時に必要な皮脂まで洗い流してしまうことも多く、知らないうちに乾燥してカサカサになっていることがあります(;’∀’)

カサカサ背中はにきびも引き起こしますし、なにより痒くて不快な思いもするでしょう💔

 

そんな症状におすすめなのが、市販で買える「ケラチナミンコーワ乳状液」です。

尿素配合なので皮膚が柔らかくなり痒みも鎮まり…乳液タイプなので広い部分に塗りやすいのでとりあえずカサカサ背中、乾燥からくる背中にきびを改善したい人に

ケラチナミンコーワ乳状液の成分と特徴

 

有効成分

・角質を柔らかくして取り除き、肌のターンオーバーを促進する「尿素」

・アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑え痒みを鎮める「ジフェンヒドラミン塩酸塩」

・皮脂分泌を抑え、抗炎症・抗アレルギー作用をもたらす「グリチルレチン酸」

 

その他配合成分(10%タイプ)

セタノール、ワセリン、マクロゴール、ステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリン、カルボキシビニルポリマー、流動パラフィン、キサンタンガム、ポリソルベート60、スクワラン、エデト酸Na、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、パラベン、水酸化Na、リン酸二水素K、グリシン

 

(20%タイプ)

ワセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、カルボキシビニルポリマー、ミリスチン酸オクチルドデシル、キサンタンガム、ポリソルベート60、スクワラン、エデト酸Na、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、DL-アラニン、ステアリン酸ソルビタン、水酸化Na、グリシン、クエン酸

 

特徴

カサカサ痒い皮膚を鎮め、柔らかくしっとりした素肌に導きます。

伸びがよくて塗りやすいので背中、腕、足などの広範囲の部分に全身に塗ることが出来ますよ(*´ω`*)

 

保湿成分が水分を集めてうるおいを維持、ベールで皮膚表面を包むことで痒みを抑えつつ保湿が出来るボディケア用品です‼

子供でも使いやすい尿素10%タイプと大人用の20%タイプがあります💡

 

尿素について

ケラチナミンコーワ乳状液を含む、ケラチナミンのシリーズはどれも尿素がメインとなっています。

尿素は、古くから角質を柔らかくするために化粧品や塗り薬などの医薬品に配合されている成分です💡

 

角質層の中にあるNMFという天然保湿成分でもあるので、もともと人間の肌にも微量ながら存在するもの。

安全性が高く、誰でも使えるものでもありますがタンパク質を分解して古い角質を剥がすという特徴からずーっと使い続けるのは良くありません。

 

なので、痒みが酷くカサカサしていたり皮膚のごわつきが気になる時に限定して使うようにしましょう。

症状が治まったら、普段の保湿クリームに切り替えるというのが一番良いです。

 

使い方について

 

入浴後の清潔な肌に、乾燥や痒みが気になる時に少量を塗って軽く伸ばしていきます💡

目の周りや粘膜の近く、傷口やかさぶた、かぶれ、ただれがあるところには使わないようにしましょう✋

 

日常的に使い続けるのは良くないので、一時的に使うケア用品として使います。

二週間くらい続けて塗っても、痒みや皮膚の乾燥が一向に良くならない場合は皮膚科を受診しましょう。

次のページでは、口コミ・評判とおすすめする人しない人についてご紹介します💡



PAGE 1 PAGE 2