背中にきび対策に緑茶を!飲んでも良しお風呂に入れても良しな使い方

自宅で出来る背中にきびケアは色々ありますが、実は緑茶も良いんです(‘ω’)ノ

飲むのももちろん良いですし、お風呂に入れて緑茶風呂にすることでお肌にも良いんですね✨

 

緑茶ならスーパーでもコンビニでもドラッグストアでもどこでも買えますし、ただお湯を沸かして飲んだりお風呂に入れるだけなので特別な使い方も必要ありません。

お金もそんなにかからないので、自宅で手軽にケアしたいなと思ったらぜひ

 

今回は、

・緑茶背中にきびに良い理由

・飲み方、お風呂に入れて使う方法

についてご紹介したいと思います。

 

「少しでも安くお手軽にケア出来たら嬉しい!」

「緑茶を使ったケアをしてみたい」

そんな方の参考になれば幸いです(*´ω`*)

なんで背中にきびに良いの?緑茶の効能

 

「緑茶を飲めば風邪を引かない」とか、

「健康や美容に最適なお茶」、

などとよく言われる緑茶ですがその理由はビタミンCカテキンが含まれているからです✨

 

ビタミンC

ビタミンCは水溶性なので、普通であれば水に溶けやすく熱や光にも弱いです。

お茶は水出しで飲むこともありますが、基本的には熱いお湯を注いで飲むものなのでビタミンが壊れちゃうんじゃない?と思われがち。

 

でも、実は緑茶に含まれるビタミンCは熱に強いので壊れにくく保存も効くのが特徴。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促すので弾力を引き出しますし、メラニン生成を防ぐのでシミの改善や予防にも

 

カテキン

カテキンと聞くと、すぐに思い浮かぶのが殺菌作用

菌にも色々あるので、全ての菌に対して殺菌作用を発揮するわけではありませんが虫歯菌や食中毒の原因菌O157、水虫の原因である白癬菌などにも効果を発揮。

 

黄色ブドウ球菌とは、もともと人の肌に存在する常在菌と呼ばれる菌で誰でも持っているものですが感染すると毛嚢炎を引き起こすことがあります。

カテキンが肌トラブルを抑えてくれることから、ニキビにも良いと言われているんですね。毛嚢炎についてはこちら👉背中に出来るブツブツ・吹き出物の主な5つの種類

 

緑茶の飲み方

 

緑茶を飲んで内側からニキビを治す!

そんな方に、おすすめの飲み方をご紹介します。

 

煮出して飲む場合

①急須、ポットに茶葉(一人一杯分がティスプーン1杯くらい)orティーバッグ1つを入れて沸かしたお湯を入れます。

②30秒から1分くらいを目安に抽出。

③カップに注いで飲む。

 

抽出時間はお好みで調整しましょう。

甘いお茶が飲みたい場合は短めに、濃い渋めのお茶が飲みたい場合は長めにしてください。

 

軟水で飲むほうが甘みが増してまろやかになるので、水道水を沸かして使えばOK。

ミネラルウォーターなら、なるべく軟度が高いものを選ぶと

 

水出しの場合

①水筒などにティーバッグを入れ、水を注いでいきます。

②3・4時間ほど冷蔵庫で冷やします。

③あまりお茶が抽出されていないようであれば少しかき混ぜて置いたらOK。

 

茶葉しかない場合は、茶葉用のパックが売ってるのでそれを使うと便利かと💡

100均でも売ってます

 

緑茶は健康に良いと言われますが、飲み過ぎたら逆効果となってしまうことがあるので一日2杯くらいまでにしておきましょう‼

神経を刺激するカフェインが入っているので、寝る前に飲んだり胃腸の調子がおかしい時に飲むのはお勧めしません✋💧

 

お風呂に入れて使う方法

 

緑茶をお風呂に入れて使う方法は、お湯を沸かしてそのまま湯船にティーバッグを入れるか、予め緑茶を作っておいてお風呂を沸かして最後に入れる方法があります💡

どちらでもお好きな方を👉

 

ゆっくり肩まで浸かって温まりましょう(‘ω’)ノ

最後にシャワーですすぐと良いですね。

 

ちなみにですが、残り湯をそのままにしておくと茶渋が沈着する可能性があるので入浴後はすぐに洗い流しましょう。

洗濯物にも使えないので要注意です‼

 

自家製入浴剤よりも、もっと背中にきびに良い肌荒れ用の入浴剤が欲しい!そんな方にはこちらもおすすめ👉背中にきびの改善に使いたい!入浴剤の種類とベストな選び方