飲み会後に背中にきびが出来る!その原因と対処法について

日頃のストレス発散に!と好きなだけ飲み食いしたら、飲み会後に気付いたらニキビが出来てしまった…💦という人は多いと思うんですが背中にきびが出来ることも💧

顔のニキビほどすぐに気付くわけではないですが…

 

ふと見てみるとポツポツ出来ていることがあります👀

その原因は色々とあるので、けっこう頻繁に飲み会に行くという人でニキビが出来やすい人は要注意です✋⚠

 

小さなニキビならまだ良いですが、化膿して広がり治っても跡になると困りますからね(;´・ω・)

そこで今回は、飲み会後に背中にきびが出来る原因と対処法についてご紹介します。

飲み会後にニキビが出来るのはなぜ?

 

飲み会後にニキビが出来るのは、主に以下3つの原因が考えられます💡

 

  • 男性ホルモンが分泌されて起こるもの
  • 体内の水分不足が招くこと
  • 寝不足によるもの

などです。

 

男性ホルモンが分泌されて起こるもの

 

飲み会では、美味しいものが色々出てくると思うんですがその多くはお酒に合う高カロリーで味付けの濃いものが中心です💦

ご飯やパンなどの炭水化物も沢山取ると思いますし、甘いものも取っていませんか?

 

糖質が多いものが中心となるので、飲み食いした後は血糖値が急激に上がります💡

血糖値が急激に上がると、下げるためにインスリンが分泌されますがこのインスリンには男性ホルモンの分泌を促す作用があります。

 

数時間に及ぶ長い飲み食いの後、インスリンが分泌され続けそれだけ男性ホルモンの分泌も多くなります。

そして、男性ホルモンは皮脂分泌を促すものです。

 

飲み食い→血糖値上昇→インスリン分泌→男性ホルモン分泌→皮脂分泌促進→ニキビができるということですね。

ニキビと言えば顔に出来ることが多いですが、背中にも出来やすくなります。

 

体内の水分不足が招くこと

 

飲み会で出てくる食事は、そのほとんどが味付けの濃い塩分多めのものです。

塩分を取り過ぎると、水分が失われることになり体内が水分不足になってしまいます。

 

また、アルコール自体水分を消費するものです。

塩分の多いもの、アルコールを沢山取ることによって水分も少なくなり肌の乾燥も招くことになります。

 

その結果、肌も乾燥しやすくなり乾燥からニキビが出来ることになるんですね。

背中ニキビも乾燥が大敵なので、内側からの乾燥によってニキビを誘発してしまうということです。

 

寝不足によるもの

 

食べ過ぎや飲み過ぎは、睡眠の質を低下させることになります。

アルコールにはカフェインが入っているので、沢山お酒をのむとカフェインも沢山取ることになり神経を刺激します。

 

また、食べ過ぎや飲み過ぎによって胃腸に負担がかかり眠れなくなることも(;´・ω・)

こういった寝不足が原因で血行不良になると、肌の代謝も悪くなり結果的にニキビが出来ることになってしまいます💧

 

ニキビを防ぐ対処法

 

にきびを未然に防ぐなら、お酒はほどほどにして暴飲暴食は控えめにすることです💡

とはいえ、せっかくの飲み会は日頃のストレスも発散したいところですし、あまり我慢せずに食べたいものを食べて飲みたいものを飲みたいものですよね…‼

 

なので、我慢はせずに好きなように飲み会を過ごしたら最低限ニキビを悪化させないようにすることが大切。

翌日は、前日沢山飲み食いしているので食事を少しセーブしてみましょう。

 

炭水化物など糖質が多いものや消化しにくい脂っこいものはなるべく避けて、味付けもシンプルな野菜中心のヘルシーな食事にするのです(‘ω’)

こうすることで、体重が増えるのも防ぐことになりますよ🎵

関連:背中にきびは内側から改善!体に良い食材と食事の取り方まとめ

 

あとは、一晩寝て翌日になったらいつもよりも多めに水分を取りましょう。

それもこまめに、1日のうちで何度もちょこちょこ取るようにしてみてくださいね(´ω`)✨

 

また、体内の水分補給だけでなくお肌の水分補給もお忘れなく。いつも以上にたっぷりと保湿を心がけましょう。

特に冬の時期はただでさえ乾燥しやすい+衣類の摩擦もあるので乾燥しやすいです。

 

背中の保湿は普通のボディクリームでも良いですが、より浸透力の高いクリームを使うと良いですよ。ぜひご参考までに(*‘ω‘ *)

関連:背中にきびケア「ジッテプラス」の特徴と口コミ・レビューまとめ