背中にきびケア用品「ジッテプラス」の効果と使い方まとめ

ジッテプラス
背中にきび用のケア用品は沢山あるんですが、その中でもジッテプラスは特に保湿を重視したクリーム。

皮膚に浸透しやすく、且つ保湿力が高い成分がたっぷり配合されています✨

 

乾燥することで皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まって出来るにきびも防ぐのに役立ちますよ(‘ω’)ノ

 

なぜ数ある背中にきびケア用品の中からジッテプラスをお勧めするのかというと、理由は色々とあるので…

今回は、ジッテプラスの特徴や口コミなどについてまとめています。

ジッテプラスの成分と効果

ー成分

・保湿力の高いアクシア-ヒアルロン酸

(ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸、ナノセラミド)

 

・洗浄成分

(グリチルリチン酸2、アーティーチョークエキス、スターフルーツ葉エキス)

 

・透明感を引き出す

(プラセンタエキス、3-0エチルアスコルビン酸、プルーン酵素エキス)

 

・天然由来香り成分

(ラベンダー、ベルガモット、ローズマリー、グレープフルーツ)

 

・その他成分

(パラベン、アルコール、鉱物油、合成香料、着色料はフリー)

 

有効成分・・・グリチルリチン酸2k、水溶性プラセンタエキス

その他全成分・・・ピサボロール、米ぬか抽出物水解液A、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、ヒアルロン酸NA2、水溶性コラーゲン液4、酵母、ヒメフロウエキス、西洋梨果汁発酵液、カモミラエキス、天然ビタミンE、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、エチルヘキサン酸ヘチル、キサンタンガム、トリメチルグリシン、濃グリセリン、ステアリン酸POEソルビタン、ジメチコン、カルボキシビニルポリマー、ペンタンジオール、フェノキシエタノール、水酸化K、水添大豆リン脂質、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

 

保湿成分がたっぷり含まれているのが特徴なんですが、それだけでなく洗浄・美白成分が配合されていてバランスが良いんですよね。

なので、にきびの改善と予防、にきび跡対策にも使うことが出来ます。

 

背中にきび用のケア用品と言えば、普通は背中にしか使えないものが多いです👀

というのも、背中にきびの原因は乾燥から来ていることが多いんですが背中の皮膚は顔よりも厚く有効成分が浸透しにくいのです💦

 

顔にはしっかり保湿が出来るものでも、それを同じように背中に使っても上手く保湿が出来ません💧

 

ジッテプラスは、背中の浸透しにくい皮膚にもしっかり浸透させられるよう保湿力のある成分(アクシア-ヒアルロン酸)を配合しているので背中にも使えてデコルテや顔にも使えます✨

 

背中に特ににきびが出来るけれど、デコルテや顔にも出来る人にはかなり便利ですよ(*ノωノ)

一つあればこれだけで全身のニキビケアが出来ちゃうわけですからね‼

 

実際に使ってみた感想はこちらでまとめています👇

関連:背中にきびケア「ジッテプラス」の特徴と口コミ・レビューまとめ

 

効果が出るまでに必要な期間は?

 

気になるのが、効果が出るまでには一体どれくらいの時間が必要なの?ってことだと思います💡

でも、人それぞれ肌が生まれ変わるサイクルは違うので一概に言えないんですよね。

 

目安としては、人の肌は28日周期と言われていて大体約一か月前後で新しい皮膚に生まれ変わります。

 

でも、たった一回再生されても例えば色素沈着を起こして濃いシミのようになってしまったにきび跡であれば何度か再生されないとなかなか綺麗になりません(;´・ω・)

一般的に、表皮の奥にある基底層というところで細胞分裂が2週間に1度行われます。

 

そして最初の分裂が行われてから更に2週間後、表皮の一番表面にある角層と呼ばれる部分まで押し上げられます(‘ω’)ノ

また更に2週間後くらいに、今度は垢として剥がれ落ちるというサイクルです‼

 

このサイクルを繰り返していくことで、徐々に色素沈着が改善されていったり丈夫な皮膚になっていくので数か月は見たほうが良いですね(‘ω’)

3か月から6か月くらいはみて、地道にケアしていくと良いと思います✨

>>>背中にきびの保湿にはジッテプラス<<<

 

使い方について

 

使い方はとっても簡単(‘ω’)ノ

入浴後や乾燥が気になる時に手に取り、少しずつ薄く伸ばしながら塗るだけです💡

 

背中にきびがある時に使っても良いの?と思うかもしれませんが、かなり炎症が酷くて触らないほうが良い場合(膿が出そうな時など)以外は使っても大丈夫です。

実際私もちょっとした背中にきびが出来た時も普通に塗っていました。

 

それでニキビが悪化することもなく、むしろすぐ落ち着くことが多かったです。

もし不安なら、にきびには薬を塗ってニキビの周りをしっかり保湿すると良いですね。

 

春夏はまだ良いのですが、秋冬はやはり乾燥しやすくなります💦

なので、普段使っている量よりも少し多めに使ってみたり何度かこまめに塗り直すことをおすすめします‼

 

私は背中の上部、特に肩の辺りに背中にきびが出来やすかったんですよね。

なので、その辺りを重点的に丁寧に塗っていました。

 

人によって背中にきびが出来やすい部位も違うと思うので、日頃から出来やすい部分を中心に塗りましょう✨

 

なかなか治らない時に見直したいポイント

 

  • 洗い過ぎていないか?
  • 髪の汚れが背中に残る洗い方をしていないか?
  • 衣類の摩擦などで擦っていないか?
  • ビタミンが不足していないか?
  • 湿度のバランスが悪くないか?

 

私もそうだったんですが、保湿がしっかり出来れば背中にきびは改善できることが多いです‼

 

もし、保湿をきちんと行っても全然良くならないという場合は乾燥以外の原因を探してみましょう。

 

背中にきびの原因をまとめた記事もご紹介しているので、よかったら次の記事も参考にしてみてください👇

関連:背中にきびの原因は一つじゃない!チェックしたい5つの原因とは?

 

乾燥以外の原因を探ってみて、改善してみることで症状が良くなることもあります。

でもやはり保湿は欠かせないと思うので、保湿も心がけながら他の原因を探っていくと良いと思います(^^)

 

まとめ

 

背中にきびの原因が乾燥だとやっと気づいた時はまさに目から鱗の状態でした👀💦背中にきびのケアの中で、自分が最も避けていたことだったからです。

 

脂っぽいからなるべくサッパリするように…と、保湿という概念がなかったんですよね(;´・ω・)

 

私もいまだにたまーに背中にきびが出来ることがあるんですが、そういう時は大抵しっかり保湿していない時が多いです💔

 

日焼けしたのに水分補給が出来ていなかったり、塗っているつもりでもムラになってぬれていない部分があったり。

 

保湿を心がけるだけでも肌は丈夫になりますし、炎症も起こしにくく綺麗になるので乾燥対策から始めてみて欲しいと思います。

あなたの本来の姿である背中美人を取り戻して、オフショルや水着も楽しみましょう🎵

>>>背中にきびのケアにはこれ!「ジッテプラス」<<<