背中にきびの改善にたっぷりビタミンCを!レモンで補給しよう☆

背中ニキビの改善には、内側からのケアも欠かせません‼

内側からのケアと言えば、主に食事ですね(‘ω’)ノ

 

食事で意識することは、バランスの取れた栄養が大事ですが特に意識したいのがフルーツを取ること💡

生のフルーツ、ちゃんと取っていますか?

 

実はフルーツ不足が原因で背中にきびにつながったり、悪化してしまうことがあるのです…💧

 

そこで今回は、

・フルーツ不足が引き起こす肌荒れのリスクとレモンをすすめる理由

・レモンを使ったお手軽レシピ

・注意点

などについてご紹介したいと思います。

フルーツ不足が肌荒れのもとになる

 

生のフルーツを週に3日以下しか食べていない場合、なんと3倍近くの健康リスクがあると言われています💦

特に、肌荒れが起こりやすくニキビの元にもなるんです…‼

 

週3日どころか、もう何日もずっと食べてないよ!という人は要注意です。

背中のブツブツ、かゆみなど気になっていませんか?

 

なぜフルーツが大事なのかというと、ビタミンや食物繊維が豊富だから。

ビタミンや食物繊維は皮脂分泌を正常にして、シミの元となるメラニンをブロック、コラーゲンの生成も促す働きをしています✨

 

生のフルーツには、特にビタミンや食物繊維が豊富なので出来るだけ毎日食べたほうが良いんですね‼

中でも、レモンはビタミンCが豊富で皮には食物繊維も含まれています。

 

なので、出来るだけレモンを食べるようにしましょう(*´ω`*)

レモン苦手なんだよなぁ…という人でも、食べ方を変えればきっと美味しく食べられるはずですよ

 

レモンを使ったレシピ3選

 

レモンって普通に酸っぱいですよね💦

果物の中でも、酸味が強すぎてそのままではなかなか食べられないものです。

 

特に、皮ごと食べようと思ったら苦味が強くて簡単に食べられるものではないと思います💧

そこで、なるべく食べやすくしたレシピを3選ご紹介します(‘ω’)ノ

 

レモンのスムージー

~材料~

・レモン 1/3個

・バナナ 1本

・豆乳 100㏄

  1. レモンは皮ごと、よく水洗いします
  2. 種を取って、適当な大きさにザクザク切ります
  3. バナナも適当な大きさに切ったら、レモンと豆乳と一緒にミキサーへ
  4. 滑らかになるまでミキサーを回したら出来上がり

 

レモンのはちみつ漬け

~材料~

・レモン 適量

・はちみつ 適量

・煮沸可能な瓶 1つ

  1. 瓶を煮沸して乾かしておきます
  2. レモンを皮ごとよく洗っておきます
  3. 種を取り除いて薄くスライスします
  4. 瓶の中にレモンを入れ、その後ハチミツを入れて冷蔵庫で数日置いたら完成

 

レモンピール

~材料~

・レモン 2個

・水 適量

・砂糖 大匙2

・グラニュー糖 少々

  1. レモン2個をよく洗ったら皮をむきます
  2. そのうち1個は中身を絞って果汁を取っておきます
  3. 皮は縦にスライスして覆いかぶさるくらいの水と一緒に鍋へ
  4. 沸騰後10分ほど茹でてから水を切ってさっと洗います
  5. 再度鍋に入れ覆いかぶさるくらいの水も入れ加熱する..これを3回程繰り返します
  6. 砂糖大匙2杯と絞った果汁を入れ、水分が飛んだら火を止めます
  7. バットの上にクッキングシートを乗せてくっつかないように並べます
  8. グラニュー糖をさっとふりかけ、冷蔵庫で乾燥させます
  9. ジップロックや瓶などに入れて保存します

 

スムージーやはちみつ漬けの場合は、レモンはなるべく無農薬のものを使うと安心ですね✨

砂糖はお好みで、量は調節してみてくださいね。

 

どれも簡単に出来るので、ぜひお試しあれ(*‘ω‘ *)

 

最後に注意点!

 

最後、ちょっとした注意点になりますがレモンなど柑橘類の皮にはソラレンという物質が含まれています💡

 

このソラレンは、紫外線を吸収する作用があるので日中にソラレンを沢山取ってから日に当たると日焼けしやすくなります。

あっという間に肌が黒くなるリスクがあるのです…(;’∀’)

 

大量に取らなければソラレンの影響を受けることは少ないんですが、念のため夕方以降に取るようにすると日焼けの心配がなくなります。

日中に取るのであれば、量は少なめにしてくださいね

 

以上、参考になれば幸いです(´ω`)

その他、ビタミンCをはじめ色々なビタミンを含む食材についてはこちらもご参考までに👇

関連:背中にきびは内側から改善!体に良い食材と食事の取り方まとめ